サイト作成

GoogleAdSenseに違反しないために。404ページの編集

2018年6月11日

GoogleAdSenseに違反しないために。404ページの編集

 

皇帝ヘプタ
グーグルアドセンスの広告は404ページに表示させてはいけないようじゃ。

しかし、どうしたらそんな編集ができるのでしょう?

現在は使用しているテーマ『AFFINGER5』で対策がされているため、この方法は現在使用していません。

 

Googleアドセンスのプログラムポリシー

これはアドセンスをやるためのルールみたいなもの。

このページにはこんな1文がありました。

サイト運営者様は、コンテンツ ポリシーに違反するコンテンツが含まれるページで AdSense コードを使うことはできません。

(中略)

・コンテンツがないウェブページに組み込むこと(検索向け AdSense とモバイル検索向け AdSense では可能)。

引用元:AdSenseプログラムポリシー

ページが見つからず表示される404エラーのページはコンテンツがないウェブページにあたるので、広告は表示してはいけなかったのです。

私もツイッターでこの情報が流れてくるまで知りませんでした・・・。

 

自分の404ページを確認してみた

私のサイトではサイドバーに広告が出るようになっていたので、表示されてしまいました。

このままではいけないと思い色々調べたところ、同じような問題でカスタマイズしていた人を発見しました。

IT-SORAYORI
AFFINGERに魅力的な404エラーページを!カスタマイズとアドセンス非表示について
インターネット上で指定のURLをクリックすると目的のページではなく「Not Found」や「404エラー」など…

 

カスタマイズに挑戦!

やること

今回見つかったのは一番苦手なファイルを編集する作業です。

  1. 404.phpを開き、該当箇所を削除。
  2. その後、子テーマにそのファイルをアップする。

という2ステップで完了です。

簡単そうに見えて実は紆余曲折がありました。

 

エディタを入手

まず、404.phpを開くためのソフトがなかったのです。

メモ帳でもワードパットでもダメでした。

仕方なく上のサイトでエディタをダウンロード、無料です!

 

ファイルの編集

次に該当箇所を削除。

私の場合、サイドバーが出なければ広告は表示されないのでここだけ削除しました。

<!-- /#contentInner -->
<?php get_sidebar(); ?>

 

子テーマに入れる

最後に編集した404.phpを子テーマに戻す。

が、404ページを読み込んでも変化なし!

仕方なく親テーマにいれてしまいました。

結果良ければすべてよし!(内心ドキドキ)

実は子テーマではなく親テーマを有効化してたのが原因でした! 子テーマを有効化していれば、子テーマフォルダ内に入れることで変化しました。

 

ウィジット編集

おまけにウィジットページで404ページに文字入れ。

AFFINGER5『WING』にはその機能があります。

テキストHTMLで好きな文章を入れたり、画像をはることもできます。

他のテーマはまた調べたら追記します。

 

まとめ

かなり強引ですが、とりあえずの設定は完了しました!

うっかり違反とかやりたくないですからね。

みなさんも自分のサイトの404ページをぜひチェックしてみてください。

-サイト作成

Copyright© ペンギン帝国 , 2019 All Rights Reserved.