美容と健康

「おしゃれ」って何?!自分の好きな服と、他の人から見て似合う服。

2018年8月17日

「おしゃれ」って何?!自分の好きな服と、他の人から見て似合う服。

 

私は『おしゃれ』がニガテです。

みんな普通のように服を選び、靴やカバン、アクセサリーを選んでいます。

だけど、その普通のことが私にはとても難しく感じるのです。

せめて『おしゃれ』じゃなくても『普通の人』でありたい

もっと気軽に遊びに出かけたり、友達と楽しく過ごしたい

そんな私の前に現れたのがエアークローゼットというサービスです。

プロのスタイリストさんの客観的な意見を聞くことで、自分と他人の認識の差がぐ~んと縮まりますよ。

 

『おしゃれ』って何?!辞書で調べてもわからない!

[名・形動](スル)服装や化粧などを洗練したものにしようと気を配ること。洗練されていること。また、そのさまや、その人。「お洒落な若者」「お洒落な店」

引用:goo辞書「おしゃれ」 出典:出典:デジタル大辞泉(小学館)

友人に言われたショッキングな言葉『シンプル イズ ダサイ?!』

「悠ちゃん、なんでもっとおしゃれしないの!?私、お母さんに『あなたの友達なんでそんなにダサイの?』って言われてショックだったんだよ!」

社会人になってすぐに、大学時代のもっとも仲の良かった子Aちゃんの実家に、他の友達Bちゃんと遊びに行った後のことです。

あまりの言葉に何も言い返せませんでした。

ナナ
私としてはいつもよりきれいな服を選んだんですけどね…

確かにBちゃんは服もアクセサリーもお化粧もバッチリ。

私は真夏だったこともあり、Tシャツにパンツスタイル、そしてお化粧もニガテなのでファンデーション+リップ程度。

社会人になってすぐに実家の援助なしで生活していたので、お金の余裕もそんなにありません。

今思うと「ネトゲの初期アバターのような装備」という表現が正しいかも?

そんな私も大人になりました。

でも友達の言葉が頭を離れず、外出の機会は自分から減らしていきました。

 

好きなデザインの服と”着心地の良い服”は違う

好きなデザインの服と着心地の良い服は違う

私は以前から、綿や麻の割合が多い物が好きです。

母の影響もありますが、肌に柔らかく、汗を吸ってくれるので好きなんです。

ですが私の好きなデザインはひらひらふわふわした服。レースだったり、フリルだったり風に揺れるようなもの。

今は素材もかなり改良されてきましたが、レースとかフリル付きの服は合成繊維が多く、夏は汗で、冬は静電気で肌にぴったり張り付いて気持ち悪いんです。

値段が高い物であれば、可愛くて素材の良い物もあるかもしれませんが…。

ちなみに、ダサイと言われた時の服装は「綿素材のリブTシャツ」と「ダーク系の色合いの綿素材のパンツ」です。

着心地は良いんですけどね…

 

自分に似合う服が自分の好きなデザインとは限らない

もちろんおしゃれに関して、無関心だったわけではありません。

ファッション誌を見たり、体形診断や肌や髪の毛の色からの色診断、片っ端から調べて自分に似合いそうな服を探していました。

でも、知識と現実の差って大きいですよね…

写真では素敵なモデルさんが着てすごくかわいく見えても、自分で着ると似合わないんです。

自分に似合う服で、自分の好きなデザインの服が見つからないんです。

「この服可愛い」と思って試着してみると思っていたのと違う。

きっと自分が可愛くないからダメなんだ、と思い、可愛い服は見るだけにしました。

とても気に入った服は買います。買いますが、見るだけ。

 

スタイリストさんが私に合う服を選んでくれるサービス

ここ数年出てきたサービスですが、見つけたのがこのエアークローゼットというサービスです。

プロのスタイリストさんが、私に似合う服を客観的に選んで送ってくれるというもの。

私はこんな風に利用してみました。

 

最初の設定は手を抜かずしっかり細かく書くことが大事!

最初の設定では、体形の数値や、好きな色、デザイン、着て行く場所などを記入する欄があります。

手を抜かず、しっかり測って、デザインについてもできるだけわかりやすく書くとより希望に近い服を選んでもらえます

私は柔らかく風に揺れるようなデザインが好きと書いたら、しっかりとした厚みのある生地なのに実際着た時にゆれるように見える服が届きました♪

 

似合わないと思うけど試してみたい色ってありますよね?

似合わないと思うけど試してみたい色もある

『赤』といってもいろんな赤があるように、似合わないと思っていても試してみる価値があります。

その系統の色は全部だめと思い込んでいるよりも、選択の幅が広がります。

試してみたい色を設定する項目がありますので、ここも入れてみると今まで選ばなかったような色・デザインの服が届きます。

実際買うわけではないので、試着して合わないと思ったらそのまま返せばOK。

でも着てみて夫や母に見せると、意外と良い反応が得られるので面白いです。

 

どんどん借りて自分に似合う服を知ろう!

私が借りていた当時は送料がかからなかったので、週末に着て週初めに返すというパターンで利用していました。

週に1回新しいセットが届くので月に4回。服としては毎月12点試せるわけです。

(月額10584円+返送送料324×4)÷12点=1着あたり1098円

注:2018/8現在、返送送料1回324円かかります

実際届く服は1万円前後が多かったし、洗濯不要でそのまま箱に入れて送り返せば良いので、着ない服を買って見ているよりは効率は良いと思います。

借りまくった目的は、自分に似合う服を知るため

もちろん外出にも着て行きました。気に入った服で出かけるのはとても楽しいですよ♪

何より、「スタイリストさんが良い」と言っているというのが自信につながります

 

すごく気に入った服であれば購入もできる!

エアークローゼットは、気に入ったらそのまま購入できます。

他の人が着たので新品ではありませんが、その分購入価格も割引になっています。

実際に外出してみて、周りの反応が良かった服だけ買うという方法も可能です♪

一度返送してから「やっぱり買いたい!」という場合も買うことができます。

しかし、良い服だとなかなか買える状態にならない(他の人がレンタル中は買えない)ので気に入ったら返送する前に購入するのがおすすめです。

 

まとめ「自分に似合う服を知って楽しく外出しよう♪」

自分に似合う服を知って楽しく外出しよう

おしゃれがよくわからなかった私ですが、エアークローゼットを利用することで『周りから見て似合う服』と『自分が好きなデザイン・色の服』のすり合わせができるようになってきました。

さすがにずっと継続すると金額もそれなりにかかります。

ですが、自分に自信の持てない人は、3か月くらいがっつり借りてみるのも良いかもしれません。

中には『それはないでしょう?!』と思う服もありますが、必ず着ないといけないという物でもありません。

たまには今まで見向きもしなかったデザインにそでを通してみるのも楽しいですよ♪

-美容と健康
-,

Copyright© ペンギン帝国 , 2019 All Rights Reserved.