サイト作成

WordPressテーマ『SANGO』のおすすめポイント

2018年6月16日

WordPressテーマ『SANGO』のおすすめポイント



私が購入した3つの有料WordPressテーマのうちの1つ。

今回は『SANGO』のおすすめポイントについて紹介します。

 

WordPressテーマ『SANGO(サンゴ)』とは

SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマです。Googleのマテリアルデザインを大部分で採用。内部SEOも最適化されています。

SANGOはWebメディア「サルワカ」から生まれた有料WordPressテーマです。開設後半年で月間100万PVを達成したノウハウを、余すことなく詰め込んでいます。

引用:SANGO

SANGOで作成されているサイトさんはどこもかわいらしい雰囲気を漂わせています。

女性の好きそうな柔らかい色合いと華やかな装飾は見ていて楽しいです。

カスタマイズが大好きな人にとっては、好きなものを好きなだけ選べるという利点があります!

 

WordPressテーマ『SANGO』の3つのおすすめポイント

SANGOは一言でいうと「華やか」

南国のサンゴ礁を思わせるカラフルな色合いを連想するのがこのテーマの特徴です。

30種類以上の見出し、30種類以上のボタン、30種類以上のボックスデザイン、20種類以上の箇条書き

これらすべてショートコードで簡単に使用可能。

CSSやHTMLはわからなくても簡単に華やかなサイトが作成できます。

サイトを華やかにするのもシンプルにするのもあなたのセンス次第

 

SEO対策+居心地を大事にするテーマ

せっかく良い記事を書いたなら、最後まで読んでほしい。

そんな作成者の思いを形にしたような、居心地の良いテーマを提案しています。

もちろん、パソコンやスマホなどどの端末でも最適化されて表示されます。

 

SANGOなら初心者でも使える

カスタマイズのページにはたくさんの画像つきで、丁寧な解説がされています。

これだけしっかり説明されれば、どんな初心者でも迷うことはないでしょう。

また、上級者の方ならたくさんの機能をうまく使いこなし、さらに素敵なサイトができるはず。

 

子テーマ『PORIPU(ポリプ)』とは

SANGOに欲しかった機能が拡張

アドセンスを自由に表示・おすすめ記事追加・ふきだし変更。 何時間も費やしたカスタマイズが一瞬で終わる、SANGO公認の子テーマ。

育児・副業で時間がとれないブロガーの味方です。

引用:PORIPU

SANGOの公認子テーマで、面倒なカスタマイズが終わっているということで購入してみました。

便利になるならいいかなと軽い気持ちで購入しましたが

広告の設置などはあるのとないのではかなり違うと思います。

 

PORIPUでできること

参考:PORIPUのカスタマイズ画面

参考:PORIPUのカスタマイズ画面

上を見てわかるように、カスタマイズの項目が増えています。

  • アドセンスなどの広告の設置が簡単になる
  • ふきだしの色が変えられる
  • カテゴリ別人気記事ランキングが使える
  • さらに追加のデザインが使える

など、他にもいくつか機能があるので興味のある方は見てみるといいかもしれません。

注意ポイント

PORIPU』は『SANGO』の子テーマなので、『SANGO』がないと使えません

 

あえて欠点を挙げてみる

『SANGO』ではたくさんのデザインが選べるのですが、スタイル欄はテキストのみ。

デザイン一覧ページをみないとどのテキストがどのデザインを指しているのか一目でわかりにくいのです。

たとえば見出しのデザインですが、「二重線下線」「囲い枠」「ステッチ風」etc

ぱっと文字をみてデザインが思い浮かびません。

せっかくの豊富なデザインを活用するためにも、ビジュアル的に選択できる方法が実装されればもっと使いやすくなると思います。

 

プラグイン『all shortcode of sango』

SANGOで使える全てのショートコードが実装されているわけではありませんが、よく使うショートコードを簡単に入力できるプラグインです。

無料配布されているようですので、SANGOと一緒に使ってみることをお勧めします♪

 

SANGOを使いこなすコツ

欠点として挙げたデザインの豊富さ。

これを上手く使いこなせれば、かなり快適に記事を書いていけます。

プラグインを使用したり、あらかじめ使いたいデザインを選び、タグを登録しておくことがポイントになりそうです。

 

まとめ

WordPressテーマ『SANGO』のおすすめポイントを3つ上げましたが

単体で使うよりも公認子テーマの『PORIPU』とセットで使うことでカスタマイズがかなり楽になります。

吹き出しの色を自由に変更したり、挿入する広告の位置も簡単に設定できるようになります。

SANGOには、たくさんのボックスや見出しデザインがすぐに使えるように設定されています。

各種デザインは「スタイル」のタブからショートコードを毎回自分で選ぶことができるので、

他のテーマと違い、記事に合わせて見出しデザインも変更可能です。

カテゴリによって違ったデザインにしてみても面白いかもしれませんね。

こちらもおすすめ

WordPressテーマ『スワロー』のおすすめポイント
WordPressテーマ『スワロー』のおすすめポイント

WordPressテーマ『SWALLO』のおすすめポイントは一言でいうとスピーディ!さらに3つのポイントを紹介します。

続きを見る

WordPressテーマ『WING』のおすすめポイント
WordPressテーマ『WING』のおすすめポイント

WordPressテーマ『AFFINGER5(WING)』は一言でいうと自由!さらに3つのおすすめポイントを紹介します。

続きを見る

『WING』『SANGO』『SWALLOW』あなたにおすすめのテーマは?
『WING』『SANGO』『SWALLOW』あなたにおすすめのテーマは?

『SWALLOW』『SANGO』『WING(AFFINGER5)』の3つを使ってみた感想をもとに、まとめてみました。

続きを見る

 

-サイト作成
-

Copyright© ペンギン帝国 , 2019 All Rights Reserved.